へルパーくんにはお茶もお土産も厳禁だけど…

ヘルパーさんや対処中程の働き手をはじめ、介護関係の皆様にはものをあげたり、お茶を出したりしてはいけません。これは介護保険法で決められている結果、補助発行ヒトがサービスを乗り越えるお宅から何かを受け取れることは常識でごつく禁じられてある。

但しうちの祖母は、おじいちゃんの対処に来てくれていらっしゃるヘルパーさんに頻繁におせんべいなど間食を渡そうという決める。この前対処が終わった働き手を見送ろうという扉まで行ったら「ここ、おばあさんに押し付けられてしまって」っておせんべいの紙袋をわたされました。

ヘルパーさんが帰ったその後、おせんべいは祖母に見つからないように自分の部屋まで持って行きました。時間をおいてから祖父母の部屋に戻そうと思いましたが、それも面倒なので自分で食べちゃいました。

介護関係の働き手にものを渡してはならないことを前々から祖母に伝えてあるのですが、いかんせん理解してくれません。お世話になっているのでお茶も出せないのはわたしとしても承知しにくいのですが、してはいけないことはできません。

今日もヘルパーさんがいる寸法祖母に呼ばれ「おせんべいを買ってきて」という頼まれました。てっきり自分で食べるのかと思いきや、ヘルパーさんにあげたいとのこと。

「今日は取り除けるから」「この前あげたからいいよ」と言ってついにはぐらかしました。http://tartanspectacular.com/